木彫り看板専門店・和風看板の ホップ工芸

弊社では木彫看板を専門に製作しております。
木彫り看板には大きく分けて、下記の3つの技法があります。
主にかまぼこ彫りサンド彫りの併用で、新たな彫りの可能
性が広がると同時にコストダウンを可能にしました。

木の看板、彫り方による3つの種類

サンドブラスト彫り
「大きなものから~小さなものまで」がモットー。最大 5m×2.5mの木彫校歌額から、0.3㎜幅のラインを含む極細のイラストまで独自の技法とアイデアで実用化しました。養生を必要としない加工方法で量産化も実現!

かまぼこ彫り
手彫りへのこだわり、独自のハンド型彫刻機との併用で、筆文字の「はね・かすれ・にじみ」を自然に表現します,サイズ無制限は手彫りだからこそ可能です。

平彫り
底を平らに彫り文字が大きくなるほど深く彫ります、CP駆動の彫刻機は使用していませんので細かな文字はお請けしておりませんが、写真の様な大きな文字に威力を発揮します。

お見積りについて

木彫看板は使用する木の種類・サイズ・厚み・ハギ(つなぎ)材と一枚もの無垢材などにより価格がかわります、また書体・文字数でも価格が異なります、正確なお見積もりはその都度、仕様を打合わせした上でお知らせ致しますが、参考までに下記一覧表をご覧下さい。

参考価格表

 かまぼこ彫りサンドブラスト彫り
文字凹
サンドブラスト彫り
文字凸
かすれ・はね文字¥52,000
※彫り部分はウレタン色入れ2色
¥30,000
※彫り部分はウレタン色入れ2色
¥37,000
※彫り部分は、ウレタン色入れもしくはオイルステイン着色、文字クリアー
楷書など通常の文字¥45,000
※彫り部分はウレタン色入れ2色
¥29,000
※彫り部分はウレタン色入れ2色
¥36,000
※彫り部分は、ウレタン色入れもしくはオイルステイン着色、文字クリアー

※上記木彫り看板の見積もりは桂材もしくは 欅(けやき)材などの材料が含まれています。
※表面クリアー仕上げは、屋内での使用の場合2液性ウレタン下地+上塗りクリアー仕上げ。(2液ウレタンは塗膜が硬く屋内の木製品に適しています)
屋外用にはアクリルシリコン樹脂塗料を3回塗り,雨などに弱い小口は6回塗り。(この塗料は雨に強く、塗膜に柔軟性があり、温度差などによる木の伸縮に対応します)
※ 木彫り看板のサイズ H.300ミリ×W.600ミリ×D.30ミリ。
※ なお烙印・小さな文字・明朝体・マークのようなかまぼこ彫りに適さないものはサンドブラスト彫りを併用しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加